受験勉強で必要な事「いろは」教えます!

中学受験で合格するためにはいろいろと対策が必要です。しかし具体的にどのようなことが合格するのに必要なことか分かりにくいところが受験勉強の最も面倒で難しい部分です。逆に言えば、どのように勉強するかを知っていれば困難はなくなるわけです。

中学受験に必要なことは単純に言えば、志望校に合格するのに必要な知識も持つことです。それができたら苦労はないと思う人もいるでしょうが、それこそが大切なことです。具体的に志望校の問題を分析して必要な知識を覚えていくことが必須です。そして志望校のレベルに応じて参考書を選択します。

中学受験には大学受験レベルの知識を覚える必要はなく、範囲もだいたい決まっていますから、中学受験対策用の参考書を各科目ごとに2冊程度を95パーセント覚えきるとたいていの学校に合格できます。思考力も必要ですが、学力を最も伸ばせるのは暗記といっても過言ではありません。思考力があっても、知識がないと問題の意味すら分からないことが多いからです。

中学受験の具体的な必要なことは暗記です。覚えるというのはとてもつらい作業ですが、単語なら単語帳を作って覚えていくと覚えやすいです。単語カードを時々ランダムに並び替えたりすると、記憶の定着も良くなります。毎日暗記の時間をたくさん持つことが何より必要な勉強法といえます。