中学受験に掛かるトータルの費用

中学受験をするにあたって一番大事な事は子供が無事に第1志望校に合格をする事ですが、親の立場から考えると中学受験にかかる費用や入学後の費用になるといえます。一般的に知られている費用もありますが、意外に盲点になりやすい部分もありますので事前にしっかりと把握しておくことが重要になります。

中学受験にかかる費用で最もはじめに考える費用が、塾や家庭教師などの校外学習にかかる費用になります。塾によって通常の授業料の他に夏休みなどに行う夏期講習などの費用も別途かかる事もあります。もちろん塾までの交通費や食事代が必要な事もありますので、注意が必要です。

中学受験の準備にかかる費用がわかると、今度は実際に中学校に支払う費用を考えなくてはなりません。受験をする際には受験料が必要になりますし、中学校によっては願書も有料になっている事もあります。また、併願校を受ける場合には、入学手続きをした後に入学校を変更する時に戻ってくる費用に関しても調べておく必要があります。

中学受験でかかる費用は、中学校に入学をした後も当然理解しておく必要があります。一般的には入学金をはじめ、設備費や授業料とその他の費用になるのですが、意外に計算していないのが中学校までの交通費になります。いくら学割といっても距離や路線によっては高くなりますし、バスなどの利用があれば、定期代などもかなり高くなる事が予想されます。
交通費の事はあまり入学案内などには記載されていないので、自身で調べておく必要があります。