黒板

中学受験は子供を成長させる!

世界経済はますますグローバル化が進み、国境を越えて様々な文化や価値観が輸出入されています。価値観の多様化により様々な市場が生まれている現代社会においては、広い視野を持ち多角的に物事を捉えて思考できる人材がますます求められています。そのような人間に成長するためには、幼少期の教育環境、特に中学受験が非常に重要になってきます。

中学受験に興味を持ってチャレンジする小学生は決して少なくありません。地域によって違いもありますが、有名校などへの中学受験は高倍率の競争になる場合も多々あります。その高倍率に打ち勝って受験に合格し、進学への道を切り開いている小学生が少なからずいるのです。

中学受験は子どもがはじめて経験する競争社会での結果である場合も少なくありません。中学受験の合否という明確な結果が出ることで、受験に合格するという確たる目標を持つことができます。計画を立てて勉強を続け、成績を上げることは決して楽なことではありません。しかしながら、自分の力で努力し中学受験に挑むことが、受験合格という明確な結果で表れることは、子どもにとっても大きな自信になります。

中学受験を行う事は、子ども自身に大きな試練と喜びを与えてくれます。どれだけ教育環境に恵まれていても、自分の努力なしでは成績を上げることはできません。中学受験と言う一つの目標に対して中学受験専門の家庭教師や塾に通わせ、努力し続ける苦労や辛さを乗り越えることで、目標の達成という大きな喜びと自信を手に入れる経験ができます。まだ幼い年齢で経験する事は、人間的な成長を促す貴重な機会になるのです。

現在、子供の勉強を見ている方におすすめの教材サイトを掲載致しておきます。
子供に教える前に復習してみてはいかがでしょうか?
中学受験までに覚えておきたい算数の問題集
中学受験の国語対策が出来る!偏差値20アップ指導法を公開

中学受験は子供だけの問題じゃない

価値観が多様化している現代社会においても、日本の社会では将来の展望に学歴が影響する場合もあります。将来の可能性を広げるために中学受験を決心する小学生は少なくありません。実際に受験をするのは子ども自身ですが、中学受験は子どもだけの問題ではないのです。

中学受験に合格するためには、具体的に志望校を決めて、その志望校の傾向を踏まえながら受験勉強を行う必要があります。そのためには、受験対策に特化した専門の塾などに通う子どもがほとんどです。それぞれの子どもの性格によっても、マッチングする環境は違います。親がしっかりと情報収集を行い、子どもに合う塾や家庭教師を選ぶことが大切なのです。

中学受験に合格するためには、子どもが継続的に集中した環境で勉強を続けられることが大切です。受験ではまだ幼い子どもが、偏差値や成績という逃げ場のない現実と向き合わなければ行けません。毎日勉強していても成績が伸びないことに悩んでいたり、受験に不安になっている場合もあります。プレッシャーを取り除いて、精神的に安定して勉強できるように日々のコミュニケーションは欠かせないのです。

中学受験という一つの目標をクリアするためには、家族の協力なしには成り立ちません。学校によっては親の面接や同伴面接などを課している場合もあります。親の教育に対する意識や家庭環境なども中学受験では問われます。子どもの目標に向かって親も一緒に努力する気持ちや姿勢が求められることであり、その気持ちが子どもを励ますのです。

中学受験を成功させるなら第1志望校を子供と決めよう!

中学受験をする時に重要となるのが第1志望校の決め方になります。この時に親の目線で中学校を選択するのは決して良い結果につながるとは言えませんし、偏差値重視での決定などは論外と言えます。最も重要な決定方法は子供と実際に中学校の学校説明会や学園祭などの行事に参加をする事で子供の意志を尊重する事が重要になります。

中学受験で成功をするためには、子どもの意志に基づいて決めた第1志望校は、子供自身が目標を変更しない限り志望校の変更は極力さける事が重要になります。特に偏差値不足や模試での合格率などから判断をして目標校を変える事は避けるべき事で第1志望校に関しては、成績の状況に関わらず合格を目指して最後まで対策を練る事が重要になります。

第1志望校を変更することは極力避けるべきだと説明しましたが、実際の中学受験を考えると目標にしたからといって確実に合格できるほど甘い世界ではありません。この時に親が考える事は、万が一の対策になります。目標とする第1志望校の他に併願校を決める必要があります。

中学受験における併願校の決め方は特徴があります。親の目線で考えるとできるだけ偏差値の高い中学校という事を重視してしまいがちですが、併願校を決める際にも偏差値を重要視するのは、あまり良い方法だとはいえません。もちろん併願校は、チャレンジ校というよりも合格できるレベルの中学校を選択しておくことも大切なので偏差値も参考にしますが、第1志望校と校風が近い中学校を選択する事がポイントになります。

中学受験が終わったら子供にしてあげたい事

まずは思いっきり労わってあげてください。
中学受験という大きなハードルを、自分自身のたゆまぬ努力で乗り越えたその過程を十分に評価してあげてほしいのです。頑張った末の達成感、充足感は今後の人生で相対する苦難に対して挑戦する気概を与えてくれます。

中学受験が終わってすぐは、燃え尽き症候群とも言える無気力感に襲われるお子さんもいらっしゃいます。勉強から一時的に開放されて、今までになかった自由を謳歌しすぎることもあるかもしれません。
しかし、受験終了直後は温かく見守ってあげてください。中学受験を乗り越えたお子さんは、どうして勉強が必要なのかが腑に落ちれば自発的に取り組むことができるでしょう。中学入学後には、周りに影響されたり授業のペースについていけなくなるなど、いろいろな危機感が生まれるはずです。

受験勉強期間中、お子さんと約束していたことはありますか?例えば「中学受験が終わったら遊園地につれていってあげる」「お勉強をがんばったら欲しがっているおもちゃを買ってあげる」などです。
どんなに軽い約束に思えても、お子さんはそれを心の励みにして苦しい時期を乗り越えてきたのです。

もしお子さんが第一希望以外の学校に進むとしても、決してお子さんの努力を軽んじるような発言はしてはいけません。
気落ちしているお子さんの気持ちを前向きに切り替えられるような言葉をかけてあげてください。「こんな学校に通うはずじゃなかったのに」という気持ちでは、その後の学習意欲や生活態度にも影響が出てしまいます。

中学受験合格後はコミュニケーション能力が必要になる

はれて中学生となり、新しい生活がスタートします。中学生活は、同じ中学受験を経験した、ある程度一定の学力の子どもたちが集まった集団生活になります。住んでいる地域も違うこともあり、イチからの友達作りが始まります。

そこで必要となるのが、「コミュニケーション能力」です。お子さんの性格は、育った環境などにも大きく左右されます。家庭環境が重要なポイントとなります。中学受験生活中も、家庭内の雰囲気を明るくおおらかに保ちましょう。夫婦間、親子間の会話も充実させ、他愛のない会話から、悩み相談まで、気軽にできるような関係でいることが大切です。

また、家庭内でも、相手の気持ちを考えながら、行動するよう心がけましょう。学校では、まったくの他人同士が一日の半分の時間を一緒に過ごします。自分の思ったとおりにならないことや、不満に思うことも起こると思いますが、すべてひとりで乗り越えなくてはなりません。

そんなとき、いちいちイライラしたりせず、落ち着いて相手の気持ちを考えた対応ができるお子さんであれば、仲間と仲良くやっていけるのではないでしょうか。お子さんの居場所は、家庭と学校です。全ての基本は家庭にあると思って、しっかりお子さんを見守りましょう。
参考サイト